【意解けない 小市民シリーズED曲】ammoの歌詞で英語学習

ammo-tokenai-title JPOPで英語学習

ammoの楽曲「意解けない」は、TVアニメ『小市民シリーズ』のエンディングテーマとして使用されています。
この曲は、岡本優星によって作詞・作曲されており、
2024年7月31日にリリースされるammoのメジャー1stフルアルバム『SONG LIE』に収録されています。

アニメ『小市民シリーズ』は、平穏な日々を望む学生たちの青春を描いたミステリアニメで、
小鳩と小佐内の学園生活に不可解な事件や災難が次々と舞い込むストーリーです。

lyrics

This is fate with you
Hello Mellow 甘い果汁
この痛みも今年味を求めている

アツアツ
溶け焦げた砂糖のような硬い表情
甘党と葛藤繰り返してる

TEL…

雨模様の放課後
「こんなのはどうだろう」
悪戯に微笑む

ふわって

尼そぎが風に揺れる
まだ僕ら孤独な過去に生きてる

小賢しさも執念深さも片がつく
あの星を目指した!

いつかまた心から笑える日々が訪れても
光も闇もないよ
表も裏でも君だよ

上目遣いの?が高尚
Limited Edition
いまが最高、という一瞬がある。

幼いガール
雪解けに香る

静かに燃える様はブランデー

悲しみはどこから来る
まだ今は狐狼の心を持つ

暗い朝と光る夜でも繰り返す
この星を選んだのも僕らだった

涙拭けば窓から差し込む夕日

諦めれば楽なのにまたそれが苦しいから

結んだんだ
言葉だけじゃどうも不安で不安定

僕はただ掌で踊る

尼そぎが風に揺れる
まだ僕ら孤独な過去に生きてる

小賢しさも執念深さも平らげる
あの星を掴み取る!

いつかまた心から笑える日々が訪れても
痛みも病みもないよ
この手を離してあげるよ
光も闇もないよ
表も裏でも君だよ
君は君だけだよ

This is fate with you
Hello Mellow, sweet nectar
This pain too seeks flavor this year

Sizzling hot
Like sugar that’s melted and burned, a hard expression
Repeating conflicts with sweet cravings

TEL…

A rainy after-school
“How about this?”
Smiling mischievously

Gently

The hem of a nun’s robe sways in the wind
We are still living in a lonely past

Both cunning and persistence come to an end
Aiming for that star!

Even if days when we can genuinely laugh again come
There will be neither light nor darkness
Both the front and the back are you

An upward glance of sophistication
Limited Edition
There is a moment that is the best now.

A young girl
Scented by the thaw

Quietly burning like brandy

Where does sadness come from
For now, still possessing a fox’s and wolf’s heart

Repeating even in dark mornings and bright nights
It was us who chose this star

Wiping away tears, the setting sun shines through the window
Though giving up would be easier, it’s still painful because of that
We tied it
Words alone are uneasy and unstable

I just dance in the palm of your hand

The hem of a nun’s robe sways in the wind
We are still living in a lonely past

Devouring both cunning and persistence
Grabbing that star!

Even if days when we can genuinely laugh again come
There will be no pain or illness
I’ll let go of this hand
There will be neither light nor darkness
Both the front and the back are you
You are only you

Commentary

単語

  1. fate – 運命
    • The development of events beyond a person’s control.
    • (人のコントロールを超えた出来事の発展)
  2. nectar – 甘い果汁
    • A sugary fluid secreted by plants, especially within flowers.
    • (植物、特に花の中で分泌される甘い液体)
  3. mischievously – 悪戯に
    • In a way that shows a playful desire to cause trouble.
    • (遊び心を持ってトラブルを引き起こすように)
  4. hem – 裾
    • The edge of a piece of cloth or clothing that has been turned under and sewn.
    • (折り返されて縫われた布や衣類の端)
  5. cunning – 小賢しさ
    • Skill in achieving one’s ends by deceit.
    • (欺瞞を用いて目的を達成する技術)
  6. persistence – 執念深さ
    • Firm continuance in a course of action despite difficulty.
    • (困難にもかかわらず行動を続けること)
  7. thaw – 雪解け
    • To become liquid or soft as a result of warming.
    • (温まることによって液体や柔らかくなること)
  8. brandy – ブランデー
    • A strong alcoholic spirit distilled from wine.
    • (ワインから蒸留された強いアルコール飲料)
  9. cunning – 小賢しさ
    • Skill in achieving one’s ends by deceit.
    • (欺瞞を用いて目的を達成する技術)
  10. uneasy – 不安で
    • Causing or feeling anxiety; troubled or uncomfortable.
    • (不安や心配を引き起こす; 不快な)

群動詞(Phrasal Verbs)

  1. seek flavor – 味を求める
    • To look for taste or quality.
    • (味や質を探すこと)
  2. give up – 諦める
    • To stop trying to do something.
    • (何かをしようとするのをやめる)
  3. let go – 離す
    • To release one’s hold on something.
    • (何かを放すこと)
  4. wipe away – 拭き取る
    • To remove something by wiping.
    • (拭くことで何かを取り除く)

慣用句(Idioms)

  1. palm of your hand – 掌
    • Complete control over someone.
    • (誰かを完全に支配する)
  2. both the front and the back – 表も裏も
    • All aspects or sides of something.
    • (何かのすべての側面や側面)

コメント

タイトルとURLをコピーしました